9日目 タシケント(ウズベキスタン)街歩き

ウズベキスタンに対して実は若干ネガティブな先入観を持って入ったのだが、実際の所なかなか悪くない。人々と朗らかな会話が出来た。無意識に自分で張っていたバリアが解けてきたのかもしれない。相手は自分を映す鏡なのである。

この日は歩いた先にたまたまルーフトップバスが止まっており、2時間半かけて市内の見どころを効率よく回ることが出来た。

タンドールでサモサを焼く(おそらく)親子
恥ずかしいお年頃
2,500UZS (=32円)
なかなか親しみづらいメトロ乗り場
ロシア語が一切分からない旅はなかなかハードモード
公園の中に突然のドラクエ感。
経験に祈りを捧げる人々
なぜか車の7~8割以上ががシボレー
この辺りから急にイスラム感が増してくる
プロフとシャシリク(2本)のティーセット、21,000UZS (=269円)。
行き先は運試し
シャシリクのサイズはお店によりマチマチ。
(お分かり頂けただろうか)
何故か私はマキバオーを思い出していた
イスラム文化圏の縦書き表記のカレンダー