車のエンブレムに感じる異国感

カザフスタン

カザフスタンのアルマティでは、日本や諸外国でなかなか見かけないようなメーカーの車が多く見られ、そのいくつかを撮影してみた。

・市内では世の中のあらゆるブランドの車がバランスよく存在している。
・一番多いTOYOTAでも1~2割程度。
・基本的に汚い

キルギス

カザフスタンで少しみたような珍しい車が時折走っている程度で、そこまで特筆事項なし。日本車が多いかといえばそこまで多くもない。

ウズベキスタン

首都タシケント・サマルカンドでは、とにかくシボレー(Chevolet)を多く見た。体感的にはシボレー6割、韓国車のDaewooが2割、その他の車が2割といった具合で偏っている。当然の話かもしれないが、聞くところによると非常に安価で国内で製造しているとのことである。

タジキスタン

ホジェンドではオペル(Opel)がとにかく多く、3割程度は走っている。